贈与税を計算したら、実際の納付額がなくなった時の申告
実父からの贈与について相続時清算課税適用の贈与税の申告をし、翌年に実父から現金70万円をもらった場合、贈与税の基礎控除額が110万円ですから、贈与税の申告を行わなくてもいいですか?

実父からの贈与について前年において相続時精算課税を利用していますので、暦年課税に係る贈与税の基礎控除の適用を受けることは不可能であるといえます。そのため、相続時精算課税による贈与税の申告を行う必要があります。
 
そして、期限内申告でないなら、相続時精算課税の特別控除の適用対象とはならず、20%の税率により贈与税が課税されます。なお、加算税や延滞税が課税される可能性もあるため、注意しましょう。