相続する時の其々の相続人に対する税額計算
相続税の計算に当たり、各人の課税価格は、どのように計算すればいいですか?

相続、遺贈又は相続時清算課税の適用を受ける贈与で財産を取得した人ごとの課税価格は、次のように算出します。相続か遺贈で取得した財産の価額に、みなし相続等で取得した財産の価額と相続時清算課税に係る贈与財産の価額(相続時清算課税に係る受贈者である子供が贈与者である親から相続か遺贈で財産を取得しなくても、相続時清算課税の適用を受けるその贈与者からの贈与財産は、相続か遺贈で取得したものとして扱われ、贈与の時の価額により相続税の課税価格に算入されます)を足した金額から、非課税財産の価額と債務及び葬式費用の金額を差し引いた金額が、純資産価額ということになります(マイナスとなった場合はゼロとします)。
そして、この純資産価額に、相続開始前3年以内の贈与財産の価額(相続か遺贈で財産を取得した相続人等が相続開始前3年以内にその被相続人から暦年課税に係る贈与で取得した財産の価額)を足したものが、各人の課税価格となります(千円未満は切り捨てます)。